娘婿の不倫の証拠を押さえたく、調査を依頼しました。

依頼者:60代女性(専業主婦)

ご依頼者は娘さんとお婿さんの夫婦仲を心配し、
娘さんに内密で調査に踏み切りました。

娘夫婦の仲は2年ほど前から険悪な状態でした。
何があったのか聞いたところ、娘婿の単身赴任がはじまってから
夫婦仲がおかしくなった…とのこと。
娘婿が単身赴任先で不倫をしているのではないか…
そんな不安にかられ、けんかも絶えなかったようです。
実際、単身赴任先で、女性のハンカチが見つかりました。
娘のためにも、もし不倫しているならやめさせたい。

お母様の強いご希望で、娘さんに余計な不安を与えぬよう
極秘裏に調査を実施しました。

調査の結果、娘婿の不倫の証拠が確認されました。
単身赴任先に、同僚と思われる女性が出入りしていました。
不倫相手の調査を進めたところ、相手女性も既婚者であることが判明。

相談員はW不倫状態にあることを報告しました。
肩を落とされたお母様でしたが、相談員はこれまでの経験から
このようなケースの対処法をアドバイスしました。

「予感があたってしまったことがとても残念です…。
でも、娘夫婦がまだやり直せる道がありそうで、救われました。
これから娘ともども、相談にのってください。」

調査終了後のアフターフォローこそが、
エル女性探偵社の務めだと思っています。

その後、娘婿の様子も変わり「もうすぐ孫の顔が見れそうです」
と嬉しいご連絡をいただきました。